浅はかな考えで投資すると危険

クラレのような大きな企業でも投資の世界は一寸先は闇

クラレは規模も大きな会社で、安全性の高い投資をしようとした時には適した銘柄となります。
株価の動きもそれなりにあるので、値幅をとることもできますし配当もいいので長期保有にも適しています。
しかし、このようなクラレであっても一寸先は闇であるため投資をするときには、その点をしっかりと抑えておくようにしましょう。

基本的に規模の大きな会社のほうが、倒産などのリスクが少なくいきなり株価がゼロになってしまうようなことというのはありません。
逆に規模の小さな会社はちょっとしたことで株価が急伸したりもしますが、逆にすぐに潰れてしまうリスクも有ります。
そのため、安全性というのを重視するなら規模の大きな会社のほうが有利ということになりますが、これは必ずしも絶対というわけではなく規模の大きな会社であっても倒産をして株価がゼロになってしまうというリスクはあるので、常にそのことを考えておく必要があります。

クラレのような企業にはある程度まとまった資金を投じやすいものですが、それでも最悪のケースを想定しておくことが大切です。
絶対に大丈夫だと思って投資をして、それらをすべて失うようなことになってしまうとその痛手は計り知れないものとなってしまいますので、十分に注意をするようにしましょう。

また投資というのはその企業だけで完結するものではなく、地合いにも左右をされるものとなります。
たとえクラレの業績が堅調であっても、全体の地合いが悪くなってしまうとそれにつられてクラレの株価も下落してしまうということもありますから、一寸先は闇の投資の世界で生き残るためにはどんな些細な事であっても見落とさないようにして投資をすることが大切です。