浅はかな考えで投資すると危険

投資はハードルが高いと思っている人は三池松島などを

投資というのは資金がなくてはできずハードルが高いのではと思っている人もいることでしょうが、決してそのようなことはありません。
例えば三井松島産業などは株価が120円から160円の辺りを推移している銘柄であり、1000株単位での売買となるので20万円もあれば余裕を持って投資をすることが出来るのです。
三池松島産業に投資をする利点としては、大きな急成長もなければ逆に急激な業績不振になるといことも考えにくいという点にあります。

事業内容から突如として需要が高まるということがない代わりに、逆に全く需要がなくなってしまうということも無いので、安値圏で買うことができればのんびりと保有を続けることが出来るという点にあります。
1000株だけであれば、半値になってしまっても6-8万円程度の損失で済みますから大やけどをするということはありませんし、そこまで大きく下落をするということは何か悪材料でも出なければ考えにくいものですから、多少の下落であれば株価が戻ってくるのをじっと待つことができます。
それほど多くはありませんが、配当もあるので保有していても損をするということはないので投資を初めてするには適した銘柄となっています。

ただし、気をつけておきたいことは株価が安定している三井松島作業と言ってもこれがこの先ずっと続くとは限りません。
そのため、予想に反して株価が下がるような事態になったら、その時には早めに損切りをするなど考えておくことも重要です。
少し下がったぐらいで慌てて損切りをする必要はありませんが、株価が上昇する要因が無くなってしまった時などはただ下がるだけしかありませんから、早めの決断が損失を最小限に抑えることに繋がるのです。